オリジナルシール制作で仕事に有効活用

ビル

シールは子どもたちが遊んだり集めたりするものというイメージが大きいですが、実は仕事の場面でも多く用いられています。
食品や商品のラベル用シール、成分表示、販促用のステッカーなどがその代表例です。
いずれも市販のものを利用している会社が多いですが、現在はオリジナル制作で会社の色を出せる時代になりました。
屋内や屋外などの使用タイプ別に選べるだけでなく、用紙の種類やインクのカラー、大きさなどまさにオリジナルのものを制作することができるのです。
シール制作にあたっては、まずどのような出来上がりになるのかを考えてみて下さい。
1枚ごとにカットされたタイプや1枚の台紙に様々な大きさのものを印刷できたりと、その幅はとても広いです。
裏の接着部分も色々なタイプがありますので、一番ふさわしいものを選ぶと良いでしょう。
また、ロールタイプやマグネットシートなどは販促用としても人気があります。
注文する際は、まず最初に見積りを依頼しましょう。
オリジナルシールを上手に利用すれば、会社の販促に役立つこと間違いなしです。


Menu

最新情報